私は、就職内定勉強法を知るまでは、なかなか就職活動、特に面接が上手くいかずに悩んでいたのですが、就職内定勉強法に出会って、面接に臨む心構えが変わりました。
特に秋葉原のコード専門店になるという話がある意味衝撃的でした。
又、企業に対する考えも変わりました。それまでは、どこか内定をとらなくちゃという焦りと不安で一杯でしたが、自分本位の就職活動ができるようになりました。
そして、先日、商社から内定を頂く事ができました。
そこは、社風がとても自分に合ってそうで、社内の雰囲気もとてもいい感じでしたので、ぜひ行きたかった所です。
就職内定勉強法をこれから就職活動を始める友人や後輩にも紹介したいと思います。
本当に有り難う御座いました。S・H

楽しくて参考になる内容で、短く感じました。
石井さんのお話をお聞きして、現在の自分に甘んじることなく、行動する力の大切さを強く感じました。
私も行動力がある方だと思っていたのですが、それは根底にそこまで大きなリスクがない、というのがあったと思います。
石井さんの「人生は変えられる。」という言葉に共感しました。
本当にありがとうございました。E・T

すごく勇気付けられました。
このビデオを観るのと観ないのでは、人生の価値観で差がつくだろうなと感じました。
私も成功曲線に乗れるかもしれないという、自信がわいてきました。
きれいごとだけではなくて、実践的なことばかりを石井さんが言うのは、
それが本当に近道だと感じたからなんですね。
とっても意味のあるトークライブでした。面白かったです!
Y・F

今まで、成功曲線というものをあまり意識していませんでした。
もう少し我慢すれば、上昇するのに・・・というところで、諦めてしまっていたことが多い気がします。
この曲線を意識すれば、努力も続けられると思います。
アナウンサー志望者・就職希望者ではなくても、中高生にとっても収穫は沢山ある話だと思います!
Y・A

耐えることによって、成功曲線を描くことができる実例をお聞かせくださって、ありがとうございました。
最初はダメなところからスタートすればいいということがわかりました。
局アナ時代の話が、とても印象に残りました。 Y・K

自分が今まで作った自己PRや自己紹介の、明らかな問題点を沢山見つけられ、その改善方法を見つけることができたと思います。
ABC理論はすごいと思いました。
今までこの理論を知らなかったことで、就職活動だけでなく、いろいろな場面で損をしていたと思います。
この理論は、自分だけでなく、相手の気分までも操ることができるんですね。
きっとこれに気付いている人は面接官でも少ないと思うので、かなり通用する理論だと思います。 Y・H

自分を素直に表現することが大切なのだと思いました。
いくら繕っても、一瞬で見抜かれることもありますし、作った私では通らないことが理解できました。
石井さんに対するカリスマ性が、さらに高くなりました。
自己PRもテレビショッピングの法則が大切なんですね。 K・S

自己PRのテレビショッピングの法則は、とても参考になりました!!
今はエントリーシートを書いているので、今までのものよりも、良い風に書き直せそうです。
今まで自己分析はやったほうだと思っていたのですが、こんな裏技的なやり方があったとは・・・目からウロコです。
何より、石井さんのイキイキとしたお話が聞けて、やる気が出てきました。 M・U

圧迫面接は、ABC理論で自己防衛ができることを知りました。
ABC理論は、絶対に使わせてもらいます!
面接のときは、私は学生の身分で、スピーチをしていました。
本当は面接官の方とお話をしたいと思っていたのに・・・
これからは素直になります。
文章を読ませていただくのと、生の声を聞かせていただくのとでは、当たり前ですが、説得度数が違いました。
ありがとうございました。 Y・T

私はまだ2年なので、就職活動をしていないのですが、エントリーシートというものが、話を弾ませるための材料だと知ることができて、本当によかったです。
自分にはすごい特技や趣味がないと、不安になっていましたが、ABC理論を使えば、うまく話が発展できるのだなあ、と感じました。 A・T

面接のあり方を知ることができて、とてもよかったです。
コミュニケーションをとるのに、こんないろいろな技術があるとは驚きです。
これから私の苦手なコミュニケーションを磨いていこうと思います!! みんなが思っていることや、実際にやっていることは、実は間違いなんだなあと思いました。 A・T

すごく面白かったです。時間が本当に短く感じました。
心理的な方法から攻める方法は、考えてもいなかったことでした。
本屋で立ち読みしていた就職本みたいなきれいごとが全然なくて、具体的で行動に移しやすくて、人の心を的確についていて、「なんて役立つことを教えてもらったんだろう?」と、感謝の気持ちでいっぱいです。 H・Y

心理戦を制するものは、面接を制するということですね! いかにコミュニケーションが重要かわかりました。
私のやっていることは、全部逆だったなあ・・・と思いました。
色彩心理学の話も、とても興味深いなあと感じました。
思わず今日の帰り道に、オレンジのシャツを買って帰ろうかと考えてしまいました。
目からウロコです。 本当にありがとうございました。 絶対に他の就職本よりも役に立つ情報だと思いました。 K・S

今すぐ飛び出して、面接を受けに行きたくなりました! 早速いろいろな企業の面接で試して見ます! K・K

とても面白かったです。 面接の場面を想定して、答え方のいい例、悪い例をあげてくださったので、わかりやすかったし、具体例の内容が面白かったです。
とても楽しい時間でした。ありがとうございました。 U・M

1 企業の視点に立った就職本として判りやすくて一気に読め、社会人の物の見方を教えられました。
またコミュニケーション力の重要性に気づかされました。
この本を指針にして、学習していきたいです。  兵庫県 甲南大学

2 「志望動機がある」=内定する。という公式が必ずしも正解ではないという内容が、とても衝撃的でした。
私も、損害保険会社には興味があまりないのですが、「とりあえず」という形で受けるだろうと考えています。
そこで、「志望動機はありません」というセリフの根っこの部分を理解して面接に望みたいと考えています。

また、社員さんとわざとぶつかって志望動機を作ってしまえ!という内容があったんですけど、これはまさしく、私が女の子と知り合う口実に使っている方法そのままでした(笑)
しかしこれを就職活動に応用するという考えは全く浮かびませんでした。
これからは、決められた枠に捉われない柔軟な発想をしていきたいと考えています。
  京都府 立命館大学

3  自己分析をするということは、私にとっては少し苦痛でした。
分析しても特技が出てくるわけではないし、資格がとれるわけでもないし・・・。
なので、しなくても良いと言ってもらえてかなりほっとしました。

特技に関するお話も嬉しかったです。
取り立てて特技というものの無い自分はどうしようとおもっていたので・・・。
ピンクレディーを3日でマスターした女の子を見習って、私も何かマスターしたいと思っています。
今狙っているのは「タイタニック愛のテーマ」をイタリア語で歌う、ということです(微笑)。

就職情報とは関係ない人が読んでも楽しい本だろうな、と思いました。
読んでいる最中何度ふきだしたことか・・・。
ライフサーバーやってて人工呼吸が得意といった人の話や、パンパースに就職するのに今もパンパースをはいていますと言わなくても良いという話は、特に面白くて、良く覚えています。

メールマガジンも頂きました。
まだ自宅でネットが出来ないのですが、近いうちにネット環境を整えて是非、と思っています。
これからも頑張ってください。 神奈川県 日本女子大学

4 実はこの本を読むまでに149社の会社からお断りをもらいました。
けれどこの本を読んでからは今までの自分の就職活動が間違っていることが、よくわかりました。
特に、面接は演説ではなく、相手の聞きたいことを探りながら行うコミュニケーションだったということが、よくわかりました。

またエントリーシートの趣味の欄で、実演しやすい趣味を書くということがよくわかりました。
ぜひこの方法を使って、大逆転の内定を取りたいと思ってます。 東京都  国際基督教大学

5 この本を読んで本当によかったと思います。
読まないままで就活を続けていたら落ちる理由に気づかなかったことでしょう。
この本を読む前、エントリーシートを一度書いたことがあります。
結果はだめだったのですが、なぜ落ちたのか全く分かりませんでした。

この本を読んで、私のエントリーシートは、先生がよくおっしゃる「その他大勢」になっていることに気づきました。
ナンバー1ではなくオンリー1を目指し、これから工夫をこらして、書類、面接に挑んでいこうという認識を持てるようになりました。 東京都  早稲田大学

6 普通に自己分析とか言うのをやって普通に就職してそのまま働くんだなぁ・・・、
って思ってました。
またテレビ局を夢見ていましたが、「自分には特別な経験や才能もないし、夢で終わるのかな・・・。
そこそこの企業に就職できればそれでいいか」 そんな風にも思ってました。

でもこの本で、企業の思惑を知ることができ、またすごい事ができることが重要なのではなく、
相手とコミュニケーションをとる事が大事だと教えてもらい、夢をかなえようという気にさせてもらうことができました。

現在日本テレビの選考中なのですが、普通の学生で、しかもあがり症でまともに人と喋ることのできない私が、いくつもの審査を突破することができました(内定までまだまだ関門はありますが)。
夢を夢で終わらせないようにしよう、そんな気にさせてくれたこの本には感謝です。
大阪府  大阪大学

7 石井さん、どうもお久しぶりです。セミナーでお世話になりました。
「就職内定勉強法」、生協で発見して読みました。
とても元気が出ました。
なかなか前に踏み出そうとしない自分の背中を押してくれるものでした。
躊躇するときにまた読み返そうと思います。ありがとうございました。

最後に。
読んでみると自分にとっては理に適った論であり、ある意味「セオリー」を踏んでいるのではないか、と感じました。 東京都  早稲田大学

8 自己分析は過去の自分を見すぎてしまって、自己嫌悪に陥り、精神的にめげてしまう事が多々ありましたので、石井先生の御本を読んで、改めて深く納得いたしました。
一気に読んでしまいしましたが、目次に目を通した後、私は最初に袋とじの部分から読ませていただきました。
ニヤニヤさせられる部分もありユニークな文体で、しかも、有益な、目からうろこ・・・の内容でした。

『7つのウソ』はこれから活用させて行きたいと思います。
就職活動だけではなく、仕事をしてからも、また、人生の生き方にも様々に活用できますね!
ありがとうございました。 岐阜県  名古屋大学

9 今まで、間違った方向にエントリーシートを書いていて、エントリーシートが通らないことに壁を感じていました。
私はまさに、アヒルだったのです。

あまり期待せずに読んだのですが、想像以上に役に立つ一冊です!
読んだあとでは、エントリーシートが格段に自信の持てるものに変わったと思います。
正直、この本は自分だけの秘密にしたい気分です。 東京都  上智大学

10 自分はまだ世間的に言えば、就職活動を開始する時期じゃありません。
でも、読んで良かったと思いました。
それは、自分に正直になって良いということを知ったからです。

受ける側ではなく選ぶ側なんだと、就職者の立場の見方が変わり、 この本を読んだからこそ、
就職先へこびるような態度をとらずにいることができるようになると思います。
とにかく、べんちゃらのことをしない、それが大事だと分かって、 とてもうれしかったです。
  東京都  日本大学

11 行動することの大切さ、自分のアピールの仕方というのは、本当の意味で自由なんだという2点を教わりました。
元々行動力に関してはそれなりに自信はあるほうだったんですが、この本を読んで、まだまだだなと感じました。
自惚れてました。
やはりどうせするならこれぐらいガンガン動いていきたいですね。

おかげで理系で実験のレポートなどが忙しいにも関わらずセミナーなどにかなり積極的に参加しており、かなり充実の日々を送れています。
まだ自分が本当にしたいことは見えていませんが、この取り組みを続けていけばあるとき急にしたいことが見つかるんじゃないかなと信じて、できる限り動いて情報収集していきます!

また特技やサークルを通してのアピールのアイデアもうまく浮かんできたので、面接で披露するのがかなり楽しみです。
これからも定期的に何度も読み返してエッセンスを自分のモノにしていきます。
  兵庫県  大阪府立大学

12 就職活動はイメージと思い込みで進めていました。
秋にメールをいただいた時から、自分の考えていた就職活動はまだまだ学生の考えだと感じました。
社会に出るということは、大学受験以上に人生の長期間に影響を与えることから、もっと必死にやらなければならないと学びました。
そのなかでも、ただがむしゃらにやればいいだけでなく、社会人になるとしての考え方や行動を知る点で、この本が大変参考になりました。
ほかのモノの本より、異質なもので大変参考になりました。 兵庫県  神戸商科大学

13  私は女子アナを目指しています。
「少女漫画の法則」はすごいな!!と思いました。

私は、本を購入する前にテレビ朝日の面接試験を受けたのですが、極度に緊張してしまい、あっさりと1次で敗退してしまいました。
でも、ビデオや本を改めて読み返し、自分はまだまだ内定にはほど遠いことをしていたな、と思いました。

あっ、1週間前、好きなアナウンサーに手紙を書いて、OB訪問させていただきました。
意外と会ってくれるものなんですね!これから準キー局が始まるので、本は常に提携し、
自分を見失わないようにします!! 大阪府  大阪芸術大学

14 私は、大学を卒業して10年近く経つので対象外でしょうか?
しかし、仕事を持つ私にも大変役に立つことが多い著書でした。感謝しております。

とりわけ「宝を堀に行くのは君自身だ」というくだりには感銘しました。
そうですよね、いろんな人がたくさんの教えを与えてくれたとしても、その教えを実行に移すのは、 私自身ですよね。
私しかいないんですよね。
私が実行に移さないから変化がない、それに気付かされました。
すばらしい本をありがとうございました。 東京都  日本大学卒業

15 本のなかの、採用は良さそうだから雇うのだというのを見て、なるほどとうなずきました、本当にその通りだと思います。
自分は起業も考えているので、そちらの方面でも大変役立つ考え方でありがたいです。
他にも、さまざまな有益な情報がちりばめられており、この本を読めてよかったです。
 福岡県 福岡大学

16 とても良かったです。感動しました。
勇気も湧いてきました。
コンプレックスも軽減し、前向きに就活を がんばろう!と思いました。
石井さん、ありがとうございます! 三重県  皇學館大学

17 私はアナウンサー志望です。
この1年と少しの間、アナウンサーとしてニュース番組を担当している私の姿に恋してきました。
しかし、この時期になって「こんなはずじゃなかった」と自信を無くしていました。

待ちに待った“就活本”が手元に届いた今、私のエントリーシート・自己PR・面接の何が良くなかったのか、どうして通過しなかったのかがはっきりとわかります。
あの法則を早く実践してみたくてウズウズしています。
次はテレビ東京の書類結果を待っているのですが、面接前にカメラテストセミナー参加が予定されているので、みっちりと勉強して本番に臨みたいです!
石井さんにお会いできるのを楽しみにしています。 東京都  東洋大学

18 就職活動に対しての意気込みというのが大変大きく変わったような気がします。
簡単に言ったら、就職活動に対する姿勢だと思います。
自分の就活に対する姿勢の違いによって進路、内定に結びつくまで大きく変わってくると思うし、道というのも大きく広がっていくと感じました。

積極的に活動することも大切ですが、時間に対する緊張感というのがもっとも感じられました。
今後も今までの参考になったことをもう一度頭に叩き込んで、就職活動に取り組みたいと思います。
この厳しい就職戦線に生き残れるように、必死で頑張りたいと思います。 福岡県 九州情報大学

19 今アナウンサー受験をしています。キー局は一段落しました。
どの局もあと一歩というところでした。
そんな折に就職内定勉強法を読んだのですが、自分に足りなかったところは、この本に書かれている部分かもしれないと思いました。
面接は自分のいいところをスピーチする場ではなくて、面接官と会話するところなのだというところは共感しました。
実生活で確かに初対面の奴に「私は粘り強い性格です」だなんて言われたらびっくりしますよね。
また、最終面接が一番難しいということも体験し、この本を読んで再確認しました。

最後に志望動機を考えるのが苦手な私には非常に参考になりました。
「何で他の局じゃなくてテレビ朝日を選んだの」と言われても実際理由なんてほとんどありません。
本に書いてあることをそのまま使うことはありませんが、応用してうまいことやっていこうと思いました。
内容どおりのことを実践するのは勇気がいりますが、やってみる価値はあります。
 東京都  青山学院大学

20 この本を読んだおかげで自分の視野が広くなった気がします。
この本を読む前は、就職活動に対してなかなか行動ができませんでした。
しかし、この本を読んで考え方を変えて就職活動に望んだら、 就職活動が楽しくてなりません。
この本を友人にも必ず紹介したいと思います。 長野県  信州大学大学院

21 石井さん、こんにちは。
本を読ませてもらって、今まで正しいと思ってた事が間違ってたんだな~って思いました。
すごくワクワクさせられながら読ませていただきました。

わたしは、もう就職が決まってた状態で読ませてもらったのですが、
もっとはやくこの事が知れていたなぁ~って思います。 岐阜県  名古屋モード学園

22 かなり痛快に読ませて頂きました。
アマゾンのレビューでも賛否両論イロイロですが、私の中でもいろんな思いがあります。
ただ、ひとつ感じたのは出来るか出来ないか、というよりは、やるかやらないかの差なのかなあと。
石井さんのおっしゃる通り、就職難だ何だと言っても、就職出来てる人はいる訳ですし、求人広告だって毎日のように出てる訳ですから。
要は本気でやってみたのか、どうなのかということなんですね。
私も大学3年の頃から自己分析をしたり、自己啓発がらみの就職セミナー合宿に参加したりしましたが、自分のいい面も発見出来ましたが、マイナスばかりがボロボロ出てきて、当時(95年)の状況や年齢(当時26才)等もあって、何かこわごわ就活をしてたような気がします。

今の学生たちは、石井さんのように体を賭したサンプル(失礼)を参考にしながら就活できるので、羨ましい気がします。

学生ではない私も大いに参考になる面、特に、少女漫画の法則や東大の法則等は、笑いながらも、なるほどその通りと思え、今後実践してみる価値ありと思いました。   東京都  30代会社員

23  自分は来年4月の新卒採用の内定をめざして、ずっと就職活動を続けてきましたが、
時期が時期だけにもう半分以上諦めていました。
あてもなくたまたま行った本屋の就職活動コナーで見つけた石井さんのその本をみつけ、
その本の題の斬新さに目がとまり、その本にすがる思いですぐに買いました。

そして実際に読んでみて今までの自分のエントリーシートや面接のやり方を振り返ってみて、
石井さんが本の中でおっしゃっていることが当たっているのです。

1例を挙げると「差別化」です。

ある会社の面接でその会社は学歴に関係なく、男女平等に仕事を任せてくれることが会社案内のこういう点から読み取れると言ったら、面接官(女性)は自分に直接、男女平等を言う男性はそうはいないと言ってくれました。

自分はとても緊張していて受け答えがまともにできていなかったので、落ちると思っていたので、その面接は通るわけがないと思っていたのですが、通過しました。

自分は海外の大学を卒業しているので、今月中旬にリクルートとディスコが主催する合同企業説明会に参加できるのです。
だからその前に、石井さんの本に出会えたことは内定を取れるチャンスが自分にもまだあるという神様がくれたサインと考えて、諦めずに頑張りたいと思います。 愛知県 ラフボラ大学(イギリス)卒業

24 ありのままの自分の重要性を知った。
まだ、自己分析が終わっていないから、何ともいえないが、ほかの就職対策本は自己分析をして、 会社が求めている理想的な学生を求めてきた。

だから、当然のように、自分を偽る。
自分を偽るから、めんせつでは落とされる。虚言癖ありと思われる。

そもそも、マスコミや商社といったスタイルがいいといわれるような会社を志望するに当たり、もっと本音で自分を見つめる必要があると思った。
そのことにきづかせてくれた本だった。ありがとうございました。 東京都 法政大学

26 履歴書やエントリーシートを書く時に、特技と趣味の違いがわからずに困っていたのですが、特技は面接で実際にやってみる事ができるものを書くといいというお話や、面接官の好き嫌いにより落とされるのを避けるために、趣味は二つ書くといいというお話でヒントが掴めたような気がします。

志望動機「ありません」作戦は怖くて使えそうにありませんが、「テレビが好きな子」として面接に通った女の子の話など、とにかく印象に残ったものが勝ちという話が説得力があり、私自身も嫌われる覚悟で前向きに就職活動に力を入れられるようになってきたと思います。 神奈川県 神奈川大学

27 私は就職活動を始めた当初は、自己PRがいつも「月並みな」スピーチばかりしていました。
しかし、この本をよんで、特に「袋とじの法則」と「みにくいアヒルの子」という法則には衝撃を受けました。

前者によって、履歴書を書く時には「面接官の方が会いたくなるような」キーワードや決め台詞を散りばめるようにしました。
こうする事で書類選考では落ちなくなりました。

また、後者では「他人といかに差別化を図るか」という事を教わり、実際の面接ではその業界が今後どのように変化するのかを考えました。
そしてその業界の商品やサービスを自分なりの提案をして面接も通過できるようになりました。

今は、内定を1社から頂いていますが、まだ就職活動は続けています。
納得のいく人生を過ごしたいので、これからも「行動力」で自分を変えていきます。

様々な教えを頂き、石井さんにはとても感謝しています。
どうもありがとうございます。 愛知県 南山大学

28 まだ面接試験に行ったことがありませんが、オキヤブを読むことで、おおよそのイメージが湧きました。
また私も、アナウンサー志望なのだから、必要以上に話さなければいけないと思い込んでいました。

私はまだ、エントリーシートさえもどこにも通過していませんが、石井さんを信じて、頭をフル回転させていこうと思っております。

テクニックはもちろんすべて参考になりました。
それ以上に、アナウンサーになれると信じて、受験し続ければ必ず、夢は叶うということを教えていただきました。
ありがとうございます。

P.S 私は就職内定勉強法の教材も購入させていただきました。
いつも気にかけて下さっていることを強く感じました。
これからも頑張って下さい。 大阪府  大阪外国語大学

29 今週末は会社の面接ですが、ご本を携帯していく予定です。
知らなかったこと・できていなかったこと・ハッとさせられた文章には、線を引いて、更にいつでもすぐに見られるようにページ端を折っています
(どれだけ端が折れているページが多いことか・・苦笑)

次に読み返した時、新しく違う部分に線が引かれることもあれば、以前の線を消すこともあり。。
様々です。

ところで石井さんに質問です。
会社の面接が重なった時、石井さんならどのような方法で面接にお伺いする会社を決めますか?

A社は とても行きたいが、去年の実績は県内在住者しか採用していない。
B社は 前者に比べると興味は落ちるが、県外在住者も採用している。
私は【A社】と決断して、面接に望むつもりで居ます。 山梨県 カリフォルニア州立大学卒業

>もちろん、A社でしょう。
30 今まで、10冊程就活本を読みましたが、『オキテ破りの就職活動』の内容は、他のどの本とも異なる衝撃的な内容でした。
普通の就活本ではだいたい自己分析の仕方、自己PRの仕方、マナーなど多少の違いはあれど、結局書いてあることの本質は同じようなことです。

ところが、『就職内定勉強法』では、就活をこれまでの考え方とは全く違う視点でとらえているので、私自身、他の学生が思いもよらないような新たな戦略を見につけることができました!

皆さんにも是非お勧めしたい最高の一冊ですよ!
(独り占めしたいという気持ちもあるので、あんまり広まりすぎてもちょっと複雑な心境に なりそですが・・) 大阪府 神戸大学

31  アナウンサー試験やテレビ局試験が落ちる中、自分には海外に行った経験やボランティア活動、特別な活動をしてきたわけではなく、もうだめだと思っていました。

自己分析をしてもへこむばかりだった時、この本を読ませていただきました。
本当に目からうろこと言った感じでしたが、この文にかかれている根幹を読み取って、
これからの就職活動に励んでいければと思います。

普通の就職活動をして普通の将来を選ぶより、人とは違う夢に向かって頑張っていこうと思わせてくれました。 千葉県  成蹊大学

32 とっても役に立ちました。
私は大学が教育大なのでとってもコンプレックスを持っていたのですが、これを読んでそんんなの関係ないって思えるようになりました。

そして企業、企業っていっても相手は所詮人間なんだなとこれを読んで実感しました。

恋愛に似ているというお話が印象的でした。
納得度がかなり高かったです。
これは使えるなって思いました。

袋とじの法則も本で実際に実演してくださりこれもまた納得のいく内容でした。
と同時に先生のセミナー(講座)が受けたいと、心から強く思ったのですが地方なので受けれないなあと悲しく思っております。

これから、就職活動を進めていく上で参考にさせていただきます。
ありがとうございました。 愛知県  愛知教育大学

33 私は、現在も就職活動中です。
内定がなく不安な気持ちですが、諦めずに活動を続けています。

先生の本は、「志望動機なし」や「面接官とぶつかる」など奇想天外な発想に驚かされました。

特に「袋とじの法則」には納得しました。
私自身、袋とじから読み始めました(^^;

面接の時には、石井先生のおっしゃる通り、アピールするのではなく会話のキャッチボールが続くように心がけました。

すると、面接官は楽しそうに笑顔で話をしてくれ、その面接に通過することができました。
面接官の人とコミュニケーションすることが本当に大切なんですね。

自己PRも「テレビショッピングの法則」を使ったものに変えました。
会社に入ったら無料でもやりたいことが思いつきませんでしたが、それでも今までより説得力のある自己PRになりました。

また、注意してみているとテレビのCMなどあちこちで「テレビショッピングの法則」は使われていますね。

宗教の法則もぜひ活用したいですが、なかなか難しいですね。
先生の本は、役に立つことが書いてあるだけでなく、おもしろいです。

これからも読み直しながら本の良いところを吸収して、内定がとれるよう努力します。
   大阪府  関西外国語大学

34 本を読んでテレビ局の面接に望んだ。
一発で落とされた。

この本をうらみかけた。

でも、この本の術を活かしきれない、中途半端な自分の気持ちが悪いと気づかされた。
改めて読めば読むほど、まだまだ中途半端な気持ちがわかってくる。

そしてやっと面接にも通れるようになってきた。

そして一つ思うことがある。
これはもはや内定者の中の常識だ。 京都府  同志社大学

35 社会勉強になる一冊だなあと思いました。
会社が本当はどんな人を採用したいのか、1ページ1ぺージ書かれている事に納得しながら読み進めていけました。

資格が大事だ、学校の成績が大事だと散々これまで言われてきましたが、やはり採用したくなる人とは話をしていて採用したくなる人だと思います。
私もそんな人になれるよう(そんな人だと思われるよう)上手な話し方を身に付けようと思います。
 兵庫県  姫路工業大学

36  就職内定勉強法を読んで不安でたまらなかった就職活動が、だいぶん気楽にとりくめそうです。
この本では普通の就活本とは真逆のことを書いてあり「ホンマかいな~」と思いながら読み進んでいきました。

でもよく考えてみると、人と同じことしても受からない(目立たない)ということに気づいて、
ダメモトで(笑)楽しみながら就活に望みたいと思います。 兵庫県  大阪学院大学

37 テレビショッピングの法則はものを販売するための構成として大変参考になりました。
また、このような事象をこういう視点でみられている石井さんの発想がもっとためになりました。
 大阪府 社会人

38 本を読んで就職活動に対するイメージが大変変わりました。
これから就職活動をするにおいて、一日一日を後悔することなく、毎日を過ごしていきたいと思いました。

これからエントリーシートを書くんですけど、石井さんのおっしゃった事を心に留め、書いていきたいと思います。
本当に新たな発見を教えていただきありがとうございます。 東京都  成蹊大学

39 私は今転職を考えていますが、転職にも充分役立つものだと実感いたしました。
本当に、目からうろこで気持ちが楽になりました。

面接ではどうしても合格したいが為に、自分中心になってしまっていたような気がします。
ここで学んだ色々な法則を参考にしながら自分なりに工夫をして、希望の職種目指し頑張ります。
どうもありがとうございました! その他 社会人

40 正直、驚きと感動でした。
「こんな就活ありなのか!」と思いましたが、読書嫌いの私も、のめり込むように熟読してしまいました。
この世の中、今までと同じような行動では就活の勝ち組みにはなれません。
この本を読んで勝ち組みに一歩近づいた気がします。

早速次回の一次面接で実践してみたいと思います。
騙されたと思ってみなさん一度読んでみてください。 神奈川県 横浜国立大学

41  「アピールしたいならアピールするな」 
就職活動中、綿密に練ってアピールして失敗したことを思い出しました。
今思えば、周りの流れに流されて「自分もアピールしないと」と慣れもしない、
聞いていても見苦しいPRをたくさんしていた事を思い出しました。

また、テレビショッピングの法則や少女漫画の法則など、日ごろただ眺めて過ごしていたところにも 巧妙に仕組まれた仕掛けがあり、学ぶべき点がたくさんあることにとても印象深かったです。
読んでいてまた就職活動をやりたくなりました。 広島県  広島修道大学

42 読む前までは、アレをしたら落ちるかもしれない、などという邪念に惑わされていて、
自分を良く見せようとばかりしていました。
しかし、就職内定勉強法を読んでから、いつもの私でいいんだ、それでダメなら縁がなかったんだ、
もっと自分に合う会社がある、とすごく前向きになって気持ちが楽になりました。

実は今日テレビ東京の面接があったのですが、しっかり本を持っていきました。
自分のできることはやったと思います。
これからも私の就職活動のバイブルにします。 埼玉県  東京女子大学

43 「『入社して活躍する学生が内定する』わけではない。
『入社して活躍しそうな学生が内定する』」という部分が、凄く印象的でした。
確かにその通りだと思います。
人事の方だって学生の全てがわかるわけではないし、ましてや将来のこととなればなおさらでしょう。
この本を読むまでは、「自分の良さをわかってくれる企業がどこかにあるだろう」と思っていました。
しかし、それは今考えてみれば「受け身」な考え方であり、「甘え」があったと思います。
私のbeingはお世辞にも素晴しいものとは言えません。学生時代は苦労と挫折の連続でした。
この就職活動をきっかけに、変わりたいです。
これからはdoingに焦点を合わせ、なりたい未来を描いていきたいと思います。 東京都 東洋大学

44 こういう本を学生の時読んでいたら、きっと人生の考え方が変わったと思います。
この本を立ち読みですまさないで、買って良かったと本当に思います。

袋とじの法則には、本当にびっくりしました。
今までしらなかったのを悔やみました。
でも、今では知っているので袋とじの法則を活用して、内定とってきます。 北海道 札幌大学

45 目から鱗の内容でした。
私は現在会社員で、人事部として学生の採用活動を行っています。
もっと多くの大学4年生、3年生に読んでほしいですね★
そうすれば楽しい選考ができそうです♪

就職活動だけではなく、普段の生活にも応用できそうな内容なので、
今後も読み直していこうと思います。
行動に落とし込めるまで。 愛知県  南山大学

46 私は 後悔しないように就職活動をしたいため、まわりには早いと言われながら、
インターンシップに行ったりしています。
インターンシップでも先行面接があったりと、自分なりにやっていましたが、今回この本を読んで、
コツというものがわかりました。
今年は二月から一年間大学から国外に派遣留学に行くのですが、戻ってきてから、
この本のおかげで、まわりに遅れをとらなくても、やっていけそうです。
ありがとうございます。 大阪府  同志社大学

47 就職内定勉強法を読んで、なるほどなぁと思いました。
読む前までは、いろいろ、マニュアル本にとらわれていた点もありました。
私は、前より、自由に、自分らしく就職活動できるようになりました。
ありがとうございました。 神奈川県  国士舘大学

48 "石井貴士"考案のノウハウを真似れば成功するものと思っていたが,
実際はこの本に書いてあることで,何故成功するのかということが判らないと,
猫騙しのような小手先だけのテクニックでしかないというような気がした.

自分は"石井貴士"が本当に言いたかったことが何かまだ全然判っていない.
それが判り実践できた時に,もう一つ垢抜けできるように思う.
"気づく"ことが早くできるようになりたい. 神奈川県  東京工科大学

49 毎回関心しながらよんでいました。
何から準備して何をどうのようにしていいのか、 さっぱりわからなかったのに、
就職活動の心得がわかりました。 埼玉県 関西学院大学

50 ホームページで見つけてからすぐに近くの書店で手にとりました。
初め読むのが惜しい気がしたのですが、読み終わって一言。
これはすごい!!
確かに・・・と納得してしまうことが多々あって、自分は差別化できていないと思いました。
就職活動は思っていたのとは全然違うものなんだと。
今は確かに不景気だとは思いますが、だからといって就職できないわけではなくて、
本人の正しい努力があれば叶うものだと思いました。
この本であきらめてはいけないとますます思いました。 

でもその発想をした(皆と違う)だから就職できたんだ。というのはとても納得できます。
読み終わって私自身考えを改める部分があったので、周りの友達にも勧めました。
面白いと言いながら読んでいます。
この本があってよかったと思います。
ありがとうございました。 茨城県 日本橋学館大学

51 学校帰りに立ち寄った本屋で見つけて、面白そうだったので買って帰りました。
家に帰って読んでみると・・・、思ったとおり!!
あまりのおもしろさに時間を忘れて一気に最後まで読んでしまいました。

少女漫画の法則、テレビショッピングの法則、袋とじの法則・・・。
どれも、「うん、うん」とうなづけるものばかりでした。
それを就職活動に利用する、というのがとても画期的で「目からウロコ」という感じでした。

これからの就職活動において、立ち止まりそうになったら必ず読み返そうと思います。
というか、毎日のように寝る前に手に取って読み返しています。
わたしが白鳥になれるエピソード、必ず見つけ出そうと思います! 福岡県  福岡大学


52 年が明け、周りが騒がしくなって来たにもかかわらず、自分は相変わらずのんびりと構えていました。
心の根底では、焦っているくせに、“就職”という現実からずっと目をそむけていました。
かといってそろそろ自分も何かやらないと思い、自己PRだの自己分析などと巷にある本を見に本屋に出かける。
そしてどの本を読んでもこんな事やってたら時間も足りないし、皆と同じ内容になってしまって内定をもらえるはずがないと思う。
そうこう毎日を過ごしているうちに大学で自分は何をやってたのか・・・などと悪い事しか頭に浮かんでこず何もする気が無くなってしまいました。

そんな時に石井さんの本が目に飛び込んできました。
これだ!!と思いました。
今の自分では、普通に勝負しても絶対負ける。
「これなら希望があるのでは?」そう思い早速購入して読むと巷にあふれている就活本とは内容が全くと言っていいほど異なっていて、衝撃を受けました。
まだ実行には移していませんが、私の未来を真剣に変えたいと思っているので、努力の方向性を間違わないようにこれから頑張っていきたいです。 学習院大学3年 東京都

53 通常の就職活動本とは一線を画す内容でした。
面接はアピールの場というよりコミュニケーションの場だということがよくわかりました。
自分は前々から、何でもかんでもアピールしていたら、面接官からうっとおしく思われるのではないかと思っていましたが、石井先生の本を読み、理論的に説明されることにより、それは間違えではなかったと確信することができました。

「とがったエントリーシートを書いた方が内定できる」、袋とじ、少女漫画、テレビショッピング等の各法則は、一見「なんじゃこりゃ」と思う方法でしたが、冷静に考えると妥当な方法で就職活動に役立ちそうだと思いました。
また、「志望動機はありません」作戦や「社内でぶつかる」作戦などはちょっと勇気に欠ける自分には実践できないような気がしました。
ですが、要するに「面接という場で適切にコミュニケーションをとりながら自分を出していく」という根本から考えて、具体的な行動に結びつけていくということ、つまり具体的な方法論より、そこに至るまでの過程や意識が大切なのではないかなと感じています。

石井先生の方法を模倣するのではなく、教えを基に自分で考え行動することが内定に近づく方法であると信じ、これから本格化していく就職活動が乗り切りたいと思います。
就職活動について主体的に考える機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。さっそく「一次選考は通過した」と言うようにしています。 早稲田大学3年 東京都

54 この本を読んで衝撃を受けました!!
なんじゃこりゃ!ってかんじでした。
いままでの就活本とはまるっきり逆のことが書いてあり、びっくりしました。

もともと自己分析というものに疑問を持っていた私はこの本に書いてあることをすんなり受け入れることができました。
私は理系ですが、文系就職を希望してます。
しかし、やや口下手であるので、研究職しか向いてないのではと思ったりもしましたが、この本に出会って、人とあまり話をしたことがない人でもアナウンサーになれるんだなぁと驚きました。
石井貴士さんのおかげで勇気が出てきました。
これからの就職活動がんばります!明治大学大学院 修士1年  神奈川県

55 「自己分析することよりも、未来予想図を描くことに情熱を注ごう☆」と感じました。
これからの人生の質が決まる瞬間と気づかされたとき、就職活動に対する姿勢が変わりました。
もう一度、スタートラインに戻って本気で取り組みたいと思います。
この本と出会えたことで、就職活動はイイ方に進んでるはずです。
石井さんの知恵を生かしながら頑張りたいと思います。
ありがとうございました☆  桃山学院大学 大阪府

56 僕は現在大学四年なのでもうすぐ卒業です。
だから石井さんからのメルマガは就職活動生のためのものだと思い、軽く読み流す程度でした。
『就職内定勉強法』に関しても、少し気にはなりましたが、自分には関係ないものと思っていました。
しかし、諸事情により卒業が延期になり、また就職活動をすることになりました。
就活二年目ということで、ある程度の経験はありますが、出遅れは否めません。

そこで、まず始めにしたことが『就職内定勉強法』の購入でした。
今まで本なんてあまり買わなかったのですが、袋とじを読みたいがために購入しました。
内容は、予想通りのオキテ破りぶりで、一変に出遅れを取り戻せた気がしました。
自分は就活二年目というオキテ破りの就職活動をがんばります。 三重大学4年 愛知県

57 読み始めたばかりのころは本に書かれていることは正直言って信じることができませんでした。
でも、だんだん読み進めていくと、知らない間に石井さんの世界に引き込まれていました。
そして、袋とじの部分をドキドキワクワクしながら開いて読んだ後、「この方法は使える!」と感動しました。
なぜなら、石井さんの実体験に基づいていて書かれているので説得力があったからです。
「志望動機はありません」というのにはかなり衝撃をうけましたけど・・・(笑)

私が特に感動したのは「テレビショッピングの法則」です。
それは私自身も実際にテレビショッピングの戦略にはまったことがあるからです。
それから、今までの就活本を見て書いたみんなと同じようなエントリーシートは捨てて、テレビショッピングの法則を使って書き直しました。
まだ完璧には仕上がっていませんが、いずれみんなのとは一味も二味も違うエントリーシートを完成させるつもりです。
また、面接でできる特技を現在考え中です。
他にも言いたいことはたくさんあるのですが、きりが無いのでこの辺にしておきます。
最後に何かの縁で石井さんの本に出会えたことを幸運に感じています。
石井さん!本当にありがとうございました!!(^O^) 京都外国語大学3年 大阪府

58  感想なんて説明できない。
ただ、読まないと確実に後悔する。
タイトルには深い意味がある。
しかし、実際に読んで努力を試みるまで分からない。
安易な言葉での説明は不要だ、というより不可能だ。

一度頭の中を真っ白にして、この本を熟読し袋綴じも自分の手で破り、自分なりに行動に移してみることだ。
そうしない間は、いつまでたっても真の「感想」には辿り着けないと思う。
感想は「読んだ感想」というより「読んで行動した後の感想」と考えるべきだからだ。
帯にある「中途半端な気持ちの人は、この本を読まないでください」という著者のコメントが端的にこの本を表わしていると思う。
ただ単に文章を読み、袋綴じを破ってるだけではどうしても出会えない、大きな袋綴じがもう一つある。 その大きな袋綴じに出会えるかどうかは読者次第だ…
その大きな袋綴じを破いて中身を全て出し切れた時、「内定」の二文字はやってくるのだと思う。
結局、自分も真の「感想」には出会えてないのだ。 関西学院大学 3年 大阪府

59 いきなり袋とじから読みました。
見事にはめられました。
「活躍しそうな学生が内定する。」「ぶつかれ。」「人事部の求める人材にあえてならない。」
なんという発想なんだ!ありえない!
一度読んだだけではまだまだこれらのことが、自分の血となり肉となることは不可能です。
これから何度も読み返します!徳島大学  徳島県

ご感想、ありがとうございました。
石井貴士

特定商取引法に基づく表記